北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

【航空関係スペシャリストの為のコース パイロット・航空管制官・グラウンドコントローラー他】

OISE aviation


航空関係スペシャリストの為のコース
 

航空産業は、アジア地域の経済の発展で目覚ましい成長を遂げている分野の一つです。事故が一度でも起これば、多くの人命を失う可能性から、高度な技術と専門知識が要求されます。さらに、世界共通語としての英語スキルは、絶対的に必要とされます。

Pilot, Air Trafic Controller, Ground Technitian, Air Navigation Personnelなどは、ICAO(International Civil Aviation Organization)の定める英語レベルを順守する必要があります。

特にAir Trafic Controllerやflight information officersは、ICAO DOC 9835に定める、英語レベルを満たすことを求められます。


非常に特殊なコースのため、コースを提供する学校も極めてまれです。

OISEは、この特殊な Aviationコースを提供しています


面接で、やってはいけない5項目、行うべき5項目 --- 面接で成功するヒケツ Five Things You Must Not Do in an Interview and Five Things You Must (Linked-inより)

面接で成功するキー となる 5つの Must do & Must not do

面接2


-- 5,000人以上の求職者へ、成功する面接の秘訣をアドバイスしてきた、
Lou Adler からの面接のTip集。 ( Source: Linked-in)

#Linked-in で 25万人以上の方からフォローされる、
世界的な「カリスマ人材・求職コンサルタントからのアドバイス。



面接に関する著作でもベストセラーを生み出している影響力の大きな彼のセミナーは
海外において特に評判となっています。申し込みは無料。


就職活動を行う新卒者、転職者への具体的な10のアドバイス



日系・外資系問わず、面接官のこころを掴むインタビューの秘訣を、

単なる面接術とは違う
プロのアドバイスを参考にしてみてはいかがですか?



普段、よく聞くものは全く違うモノがあります。

効果的な面接を行いたい、印象的な面接を考えている方にはとても参考となるアドバイスと言えます。


それでは、10のアドバイスとは。。。



[ 2014/04/02 10:13 ] キャリア・デザイン  | TB(0) | コメント(-)

TOEIC高得点社員、なぜ話せない?? --- 企業が求める ビジネスで通じる英語 話せる英語 + 専門知識 

TOEIC高得点社員の英語力ギャップ なぜ?人事担当者もビックリ

英語に関して、企業の人事担当者を悩ませているそうです。

Livedoorニュースの、気になるニュースタイトルを見つけましたのでご紹介します


悩む人事担当者

就職活動において、語学力、特に「英語力」は、内定獲得に必要な要素。

日本では、企業や官公庁、学校など、約3,300団体がTOEICを「英語力」判定の基準として採用(2011年度)し、TOEICで高いスコアを保持していることは、就活において非常に有利と考えられています。

就活生の多くは、本選考前、「英語力」というアピールの素材を、エントリーシート・履歴書に記載するため、その提出前までに「英語力」アップに取り組むことになります。

一例としては、武田薬品工業では、応募条件にTOEIC730点を基準として設定していますが、これは企業全般に言えること。

ところが、入社後の実体となると、TOEICのスコアは高いが英語でビジネスメールが書けなかったり、英語圏の外国人との会話ができなかったりするらしく、企業の人事担当者も頭を抱えているというのです。

(Source: Livedoor News )






[ 2013/08/07 19:27 ] キャリア・デザイン  | TB(0) | コメント(-)

ロンドンの「執事養成学校」が人気 @ ロイター

ロンドンの「執事養成学校」が人気

映画や欧米の貴族やリッチファミリーでよく見かける 執事(バトラー)

諺にも、あるが、バトラーは英国人にかぎるとよく言われる。
家(大邸宅)の管理から、インテリア、掃除、はたまた食事に至るまで何でも出来てしまうバトラー。

雇い主である、ご主人様はお金、資産の管理、奥さまは水仕事や育児から解放され気まま(??)な生活を過ごす事が出来る。

世界的な景気後退が広がる一方で、英国式の作法を身に着けた執事に対する需要が新興国を中心に高まっており、英ロンドンにある執事養成学校が人気を呼んでいるというのです。

人材会社「ビスポーク・ビューロ、Bespoke Bureau)」による執事養成コースでは、

裕福な家庭などに仕える際に必要な作法や判断の仕方のほか、シャンパンの注ぎ方、アイロンのかけ方、フラワーアレンジメントなどのスキルを学ぶことができる。

週末だけの入門コースから5週間続くコースまであるという。





同校のディレクターは「執事に対する需要は非常に高く、この業界には不況という言葉は存在しない」とコメント。他の産業が景気後退の影響を受ける一方で、「われわれの顧客はより裕福になっていくばかり」と述べた。

執事への需要は現在、中国、ロシア、中東などの新興国を中心に高まっており、執事の中には年間15万ポンド(約1900万円)を稼ぎ出す人もいるという。

同校で講師を務める執事歴30年のジョージ・テルフォードさんは、雇い主との間に信頼関係を築くことが重要だと指摘。また、これまでにプライベートな瞬間に居合わせることが何度もあったが、いつその場を立ち去るべきか知ることが大事だと述べた。


(Source: Reuter   
   ➡  http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89U05220121031?rpc=131

[ 2012/11/28 21:30 ] キャリア・デザイン  | TB(0) | コメント(-)

【Business Intelligence Unit 就職戦線のグローバル化とサバイバル戦略】

Business Intelligence Unit

就職戦線のグローバル化 がいよいよ本格化してきた、

以前、ワールドビジネスサテライトで紹介された

就活 国境なき戦いへ

TV Tokyo Digital 7 によると

2013年春入社の大学生の就職活動が12月から本格化します。

就職支援の予備校「内定塾」が大学3年生向けに面接の練習セミナーを開催するなど国内では様々な動きが始まっていますが、上海では日本企業が中国人大学生を採用するための説明会が開かれました。

企業が海外展開を強化するなかで、日本人は本社採用、外国人は現地スタッフという垣根が取り払われ、就活もグローバル化の時代を迎えたようです。



長引く世界の不景気、さらに日本経済にとっては、

ユーロ危機による更なる景気後退 円高、3.11東日本大震災が追い打ちを掛け、

さらにPPTへの参加と日本企業の事業環境は、一層厳しい環境となっている。

そのような環境下の、就職戦線のグローバル化は、何を意味するのだろうか?



Skype レッスン
AMEカテゴリー