北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

イギリスの教会物語  --- Visit Britain -- イギリス旅行をする方には、旅情報、交通情報、フェスティバル・イベント情報、キャンペーン情報などのお得情報などのお役立ち情報満載のサイト

Visit Britain
イギリスについての多くの情報を提供するサイト


visit britain


イギリス旅行をする方には、
旅情報、交通情報、フェスティバル・イベント情報、キャンペーン情報
お得情報など興味ある情報についての

お役立ち情報満載のサイトです。

メルマガも発行されており、いつも楽しく、バーチャルホリディ感覚で読むことができ

おすすめです。

メルマガからイギリスの物語に包まれた教会のお話

をご紹介します 
 



グラストンベリー修道院 - アーサー王の伝説

Glastonbury abbey
(Source: Wikipedia , Glastonbury Abbey)

グラストンベリー修道院は伝説の島、アヴァロンと同じ場所に位置し、
アーサー王はここに永眠していると語る人がいたり、
アリマタヤのヨセフは聖地から聖杯を持ってここにたどり着き、
イギリスで初めての教会を建設したと信じる人もいます。

12世紀には修道士たちが、
ここでアーサー王とギネヴィア王妃の遺骨が発掘されたと断言しました。


現在、この修道院は廃墟となり、
残された天をつくようなゴシック様式のアーチだけが、
グラストンベリー中心部の美しい緑地でロマンを物語っています。
ガイドツアーに参加すると、修道院の長い歴史と多くの伝説を聞くことができます。

ここのツアーは普通とは違って、
修道士やアーサー王に扮して中世のコスチュームを身につけたガイドが案内してくれます。




ロスリン礼拝堂: テンプル騎士団の暗号

Rosslyn Chapeal
(Source: Wikipedia , Rosslyn Chapel)


ダ・ヴィンチ・コードで有名になった15世紀のロスリン礼拝堂は、
長い間、謎に包まれてきました。

中に入ると、壁と天井にびっしりと刻まれた精巧な彫刻が目に飛び込んできます。
その中に奇妙な記号が並んでいることから、
ある人々は秘密のメッセージを伝える暗号だと考えています。

ロスリンをめぐって数々の伝説が生まれました。
かつて、十字軍の一大勢力だったテンプル騎士団がここに宝を隠したと言う人もいれば、
伝説の聖杯は最終的にここに眠っていると言う人もいます。

何を信じるかは別にして、
石の「グリーンマン」、幾何学模様の立方体、
有名なアプレンティス・ピラー(徒弟の柱)は実にすばらしく、
一見に値します。

隠された意味を説き明かすのは、もしかしたら、あなたかもしれませんね。

(Source: Visit Britain 物語のある教会)

 

さらに、ラッズ・チャーチ: ガウェイン卿と緑の騎士、リンカン大聖堂: リンカンの小悪魔
カンタベリー大聖堂: 大司教殺人事件  など、シャーロックホームズが、どこからともなく登場してくるような気がします。

詳しくはVisit Britain のサイトにてお楽しみください 



Visit Britain にて


関連記事
[ 2014/08/12 11:42 ] Good Morning London | TB(0) | コメント(-)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
Skype レッスン
AMEカテゴリー