北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

いよいよ、クリスマス・ディナーが始まります - パーティの主人たる私は、ゲストに酒を注いで周り、料理を出したりで 何キロも走り回るのです

スイス・クリスマス事情 最終回

パーティの主人たるもの、とにかく忙しい。

総勢17名の料理をキッチンからテーブルへ運び、

さらにお酒を注ぎまわり、気を配りで、

キッチンとリビングルームの間を何往復したのかもわからないほど。

でも、みんながハッピーに過ごす事が出来る事が一番。


【 天使の歌声で クリスマスキャロル 】 






クリスマス・ディナーのメニュー は、 

オードブル: サラミ、ハム、卵付き、ビスケットオーブン焼き 人参、きゅうり、ピーマン等 
       野菜用用手作りオードブルドレッシッシング3品

前菜   : グリーン系サラダ、ミックスサラダ、トマトモッツアレーラ等5品

本菜   : 牛ひれ肉、きゅうり、オニオン添えのパン生地包みオーブン焼き

デザート : アイスクリーム、チョコレート生クリームケーキ、レモンケーキ等5品

食後酒、コーヒー、紅茶といったところ

  


Family dinner table



メインコースの後の、デザートに入る前に、

全員でツリーを囲み、

キャンドルに火を灯して、‘きよしこの夜’等合唱、


他に詩の朗読や、

キリスト誕生にまつわる逸話が披露がされて、

祭り事の意義を全員が確認する。


数年前には、寸劇も披露されたこともあり、

この時間がわが家族でのが祭りのメインとされる。



この儀礼が終わって初めて、

子供たちにとっては

最大唯一の関心であったプレゼントを受け取るとることができる。


ときには

夜の11時を回っていることもあり、

プレゼントを開けて、頂いた人にお礼をし、

最後にスモールトークとなる。


それぞれ、家庭の事情に従い解散となるが、

小さな子供のいる家庭の順で、

‘ありがとう’

‘さようなら’と残る全員に挨拶をして帰宅する。



この一晩、主人たる私は、

ゲストに酒を注いで周り、料理を出し、

使い終わった食器を洗いにキッチンと居間の間を何度もいったり来たりで

何キロメートルに及ぶ行進をすることになる。



祭りが終わり、‘呑み助’を追い出して、

やっと落ち付けるのが夜中の1時半頃、

落ち着くというよりは

‘くたくた’(苦多苦多)なのだけれど、

この日は、みんながとりあえずハッピーなので、

その機会を演出できた日本人の私には充実感が残り、

それなりにハッピーと意思表示をすれば、

私の妻は、「苦多苦多の方が重い」と本音を返してくる。



これは文化の違いなのか、

個人での相違なのかはっきり判断できないでいる。


「若い頃は、

世界が平和にならない限り、自分に平和はありえない」

などと意気込んで思ってみたこともあるけれど、

今は、

「自分に平和がなければ、世界に平和を分けて上げれない」と思っている。



自分が変わったのか、

自分の住んでいる世界が変わったのか、

私自身ではこれも判断できないでいる。


クリスマスの話に戻るが、

クリスマスほど世界的に知られながら、

実は内容的に知られていないものも珍しい。

新教徒、新大陸の米国人はもとより、

神道、仏教国の日本人にとってはなおさらのことではある



Fin



--- 追 記 ---

クリスマス・キント CHRISTKIND  

 christkind   christmas kind

1893年に描かれた想像画       現在の想像画



クリスマスツリーを飾って、

サンタクロースが12月24日にプレゼントを持ってきてくれる。

この風景は、実は日本でもアメリカでも同じ見慣れた風景です。

このツリーもサンタクロースも12月24日のキリスト聖誕祭と無関係なものだったことを、

このブログを呼んで初めて気付かれた方がいれば、

その人のために私の費やした時間は無駄ではなかったことになります。

ちなみに、

イエス・キリストの誕生自体が、神から人間が授かった贈り物ですから、

この日は、身近な人はもちろん、

敵対している同士でさえ、お互いに愛情を分け与える日でもあります。

西洋の論理はギブアンドテイクとは言いますが、

25日はギブアンドギブの日と私は体験しています。

このギブアンドギブも大きな人間の関係を輪で考えると

最後には、ギブもテイクも同じ行為だと、こんなときには思ったりもします。

この論理が、

実は、私の家でクリスマスの祭り事が 

何度も繰り返し開催されても平気でいる私個人の、

格好良く言えば、論拠となっているものです。

(Abiko )





関連記事
[ 2015/12/25 09:10 ] Abikoの視たニッポン | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー