北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

何が、こんなに違うんだ? もっと出来ると、ちょっと自信があったんだけど、こんなはずじゃなかったのに。 -- 【タクの「マイ・留学日記 第12章】

日本で、英会話のレッスンを受けてもいたし、テストでもそれなりのスコアを取って
ひそかに、ちょっとは自信を持って、ロンドンに来たんだけど、全然ちがった!!


タク 最初はきつい


[英語が苦手だけ。だけど とにかく話せるようになりたい」

と思っている方々に今回は読んでいただきたいです

Taku



クラスが始まってみるとええええ、何か違うん です

日本でのレッスンとイギリスでのレッスンの違い、

生徒の違い、生徒のレベル、学習態度の違いなど様々な差というものを実感しました。




 


今回は、こちらに来て

英語を話すことに慣れていない人が間違いなく経験するだろう

「留学」の大変さについてお話しようと思います


「英語が苦手だけど、話せるようになりたい」

と思っている方々に今回は読んでいただきたいです



私がこの学校に来て、印象としては、

私の実際の英語レベルよりワンランク上のクラスから始まりました。



コース申込時に、自分の英語レベルについて自己申告をして

入学初日に、レベルに応じたクラス分けテストを受けます。

テストは、基本的にペーパーテストで、文法中心のテストです。

テストの結果により、振り分けられたクラスの

クラスメートは、私以上に、英語が話せるように感じました。


後になって、聞いたことは

日本人の学生は、文法などのテストでは、一般的に
他の国からの生徒に比較して、高い点数をとる傾向があるが、

スピーキングでは、逆の傾向だそうだ。

日本では、中学高校と英語の授業で1,000時間くらい勉強すると
言ったら、

それで、話せないというのには びっくりする 

と言っていました。。

でも、スピーキングの授業がないんでよ

というと、さらにびっくりしていた。



tk15  tk27  tk17




そんなわけで、

ロンドンに来た当初

このクラスで授業を受けるのは、結構 きつかったです。


先生の言う事が解らなかったり、何をしなくちゃいけないのか理解できない。


ディスカッションでは話すことが出来ないため、

ただ、黙って 聞く側に回らざるをえない。

わからなくて、わからなくて


悔しくて、仕方ありませんでした。


話についていけないので、当然 楽しむこともできない。




よく助言されます、「劣等感を感じる必要はない」と。


確かにそのとおりだと思います。



しかし、


初めの場所、いつもと全く違う環境では

普段より敏感に様々なことを感じるものです。



それが時にはマイナスになることもあるかもしれません。



しかし、この環境が成長させてくれると信じ 頑張りました。。



私は、はじめはとにかく我慢して笑顔を作り、


他の国の人に話しかけ、友だちを作る事に専念しました。



たんだか、自然に自分のリアクションも大きくなり、


素直にみんなとコムにケーションが出来るようになりました。



そんなかんなで、

変化を感じたのは2週間後。

何とか先生の指示を聞きわけられるようになりました。



授業が理解でき、ディスカッションも少しずつ参加できるようになり、

友達がさらに沢山できました。

分かりはじめると、一層の弾みがつき、

さらに覚えようと よくが出てきました


苦痛から苦楽への進歩です。


それが、私のエネルギーです。



関連記事
[ 2014/01/29 13:49 ] 留学体験談 | TB(0) | コメント(-)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
Skype レッスン
AMEカテゴリー