北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

なんで、俺に道をきくの? 人種が違っていても英語は話せて当たり前のように訊いてくるんです。日本ではあり得ない。人種のルツボにいるんだと再認識した日。

前半の6週間を終えて、後半の6週間へ突入するタク
友達もたくさんでき、周りを見るゆとりもでてきました



taku Westcroft タク


頑張ったお陰で、自分でも伸びたなと、実感しています

伸びた実感は、友達や、先生や、ホームステイ・ファミリーと話していて、

ある時突然くるようです。

特に、各国からの友達との会話が英語の進歩には大きな助けになっています。

お互い、一生懸命話す努力が、一層ヒアリングやスピーキングを伸ばす原動力になっています





tk15



【 これから英語留学を、考えている方へのアドバイス 】

私が、通う学校は、

London School of English

という語学学校で,

1912年創設の 100年以上の歴史がある、

イギリスで一番長い歴史をもつ公認英語学校です。


コースにより校舎が2か所に分かれています。

ロンドン西部の ウエスト・クロフト(Westcroft)校 と 
ホランド・パーク(Holland Park校)です。


現在、私は、ウエストクロフト校に通っていますが、


今日は、私の通う ウエストクロフトスクエアーについて話します.


これまでの自分の経験から


初めて留学される方、また英語に慣れていない方は,

まずはじめに、こちらの学校

に行くことをお勧めします。



ここで英語慣れをして、

次のステップを踏むべ木と思います


そして、「ガイジン」に慣れ、会話をすることが第一歩だと思います。



日本人は「ガイジン」に弱い生き物だと思います。


それはほとんど接する機会がないからでしょう。


こちらに来て思うのは、他の国の人たちは英語の環境に入りやすく、


さらに英語が必要な国が多いと感じました。



街を歩いていると、外人顔をしていない私でも、当たり前に道を聞かれます。

どんな顔をしていても、人種が違っていても、英語を話すのは当たり前という様に、

聞いてくるのです。


確かに、多くの人種が住んでいいます。

顔の色も違います。


将に、人種の坩堝でいろいろな国の人がいます。



英国人、ヨーロッパの国々の人、アジアからの人と見かけにかかわらず

英語を話すので、私も当たり前に英語が話せると思われているらしく、声をかけて

きます





反対に日本は母国語だけ話していても十分に生きていける国であるため、

外人を見ると避けたいと思う人が多いのではないでしょうか。


日本では、日本語しかないし、

空気みたいで誰も言葉が通じるとか通じないとか

考える事ないからでしょう。



そういった気持ちを変化させるためにも

ここの場所に来て、自分のマインドを作るがいいと思います



taku 10



たった6週間でしたが

たくさんの友達が出来、そして何度か別れを経験しました。


他の国の人に 「タジ」と

ク の音を強く発音される 独特なイントネーションで名前を呼ばれ、

一緒にご飯を食べたり話をしたりしていたことがとてもいい思い出です。



たくさん写真を撮りメールアドレスを交換して、

その場で別れそれぞれの国へ帰る。



この経験はなかなか出来ないと思います。

そしてこの先の自分の大きな財産になると思います。


この日の終わりは何か不思議な気持ちでした。

学校を卒業したような感じと言えばいいのでしょうか。


とにかく一生の思い出のひとつになるでしょう。





【 タクのMy留学日記 バックナンバー 】


Vol 1

Takuのロンドン留学への大決心

Vol 2

私の通った学校と仲間たちについて 想像以上にきつかった最初の2週間も
クラスメートに相談して乗り切りことができた


Vol 3

友達作りの第一歩は、自分から積極的にアプローチしよう
   みんな話しかけられるのを待っている!!


Vol 4

無料で入れる博物館・美術館が当たり前なんて、日本じゃありえない!!
イギリス料理って、まずいって聞いたけど、ホームステイの料理はイケてま


Vol 5

頑張りすぎたのか体調を崩し寝込んでしまった。
留学生保険で、日本語の通じる病院で無料でしてもらい一息です


Vol 6

風邪で高熱を出し倒れてしまった。
ホストマザーの優しいお世話で快方に向かい、
日本の母を思いだし、ちょっぴりホームシックになってしまった


Vol 7

親友とも言える友達ができ楽しく、充実した毎日だけど、
親友との別れはツライです  泣いてしまいました!!


Vol 8

学生の強い味方 学割 (ISIC Card)
地下鉄、バス、 映画館、旅行、雑誌、アプリ、これほどなんでも使えるとは。
留学生にとっては、絶対の Mustアイテムです


Vol 9

初めはついていくだけでも大変だった授業、
前半の6週間を終えてやっと一息。 あっという間に過ぎた気がします。
友だちもでき環境にも慣れて、いよいよ残りの6週間、頑張るぞ~~




関連記事
[ 2013/12/28 21:17 ] 留学体験談 | TB(0) | コメント(-)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
Skype レッスン
AMEカテゴリー