北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

IELTSでバンドスコアを伸ばすための方法 -- ロンドンのIELTS対策トレーナーSusanからの対策の秘訣

【 IELTSトレーナ Susanのスコアアップにつながる準備編 】

Susan先生は ロンドンのIELTS対策エキスパート

IELTS対策についての、失敗しない点の秘訣、準備編をお知らせです。


IELTS susan Vital



2時間40分間、休憩なしの長く、ストレスのあるIELTS試験。

英語との格闘となり、テスト時間中に頭が真っ白になったとか、
普段やらないようなケアレスミスをしてしまった など良く聞かれます。

Susanのミニ・アドバイスは。。。。。
 

● 連続2時間40分のテストに耐える脳スタミナを作る
 
  

IELTSテストでは、Listening,Reading,Writing の3つのテストが,
休憩なしに、連続で行われます。
テスト途中で、頭のスタミナ切れで、考えられなかったと言われる方もいます。

テスト形式に合わせた、学習スタイルを取り入れることで、そのリズムのなれることをおすすめします



  

Listening 30分 (Academic, General Trainigとも共通)

Reading 60分 (Academic, General Training で別問題)

Writing 60分  (Academic, General Training で別問題)

Listeningでは、30分のテストの後、解答を書き写し、
Answer sheetに書き写す時間として10分間与えられますので 40分



休みなしの、連続2時間40分 英語漬けになります。
せっかく準備したこれまでの成果を十二分に発揮するためには、
脳のスタミナを付けることが必要です。



  注意 : 

  2時間40分の間、英語との格闘となり、テスト時間中に へとへととなってしまった、
  等の感想を良く聞きます
 
  集中力が途切れて、普段では考えられないケアレス・ミスをしてしまうケースが多くあります。
  なんで、こんな!!!という事が、書く場所を間違えたり、スペル間違い、などなど。

  対策 :

  準備期間中は、ボクシングのトレーニングでのスパーリングのように、

  時に本番のテスト形式で、模擬テストを行うなどして、時間の感覚を覚える


  

-- 頭のタフネスが、成功するIELTSの 第一のポイント !! --

Mental toughness と Intellectual stamina は訓練で付けられます








●  イギリス英語・アメリカ英語 がありますが、どちらが有利 ?


 Answer: どちらが有利ということはありません。


 世界中で開催される英語運用能力試験です。

 求められるのは、文法的に正しく、正確で、理解のできる英語のレベルを測定するためのテストです。

 イギリス英語とアメリカ英語では、スペリングの違う単語があります。発音も違いますが、
 気にすることはありません。どちらも、正解となります






 ● 弱いスキルをレベルアップする事により、
   オーバーオールのスコアのアップを図る。



  注意: 

   提出先の学校や機関によっては、
   重点スキルのミニマム・レベルが決められているので注意。
   補強すべきスキルの対策をする






● 効率のよいIELTS対策を行う。

  英語をマスターすることは、ある意味、車の免許を取るの同じです。

  基本となる交通ルールを覚えて、路上での実地訓練となります。
  あとは、実地運転の回数によりスキルが伸びていきます。

  教習所で渡されるテキストを覚えることが、第一歩となります。
  
  学校の入学試験と違い、決められた基準スコアをクリアすれば合格となります。

  ポイントは

  適切なテキストで効率よく準備をすること
さらに
  スコアの弱いスキルを重点的に補強し、Overallスコアを引き上げること

  




【 IELTS対策スキル対策本 】

IELTS対策のエキスパートで、ロンドンの語学学校でコースを担当するSusanのおススメ対策書

Susan's IELTS



【 IELTS Academic / General Training 対策本 】

IELTS対策で人気のある対策本集


IELTS対策本 Vitalonline4u




IELTS Online 対策コース タイトル



IELTSを主催する、CambridgeESOLにより作成された、

IELTS対策コースで、

海外の多くの語学学校が採用する、定番のバイブルコースをお知らせします。


【 海外の語学学校が採用する理由 】

IELTSを主催するCambridhe ESOL が作成した対策コースです。

試験を作成するCambridgeESOL による作成で、ポイントがわかります

Reading/Listening/Writing/Speaking、トータル100時間のコース







IELTS対策 コース 詳細 タイトル



説明は、以下の画像クリックで
 

  

IELTS Academic 対策コース   






IELTS Speaking Writing特化対策 タイトル


【コンビネーション・コースのメリット】

● Writingの書き方、使われるアカデミック・ワード、構成を学ぶ事が出来ます

● 添削されたEssayを題材に、1:1で、一層の密度の濃いレッスンが出来ます

● オンラインコースでは、カバーしきれない、Speaking/Listening を同時に補強する事が出来ます。

● 疑問点をその場で解決する事が出来るので、確実にこなす事が出来ます。

● 発音矯正に役立ちます






IELTS Writing対策 コース タイトル


Writing のスキルを伸ばして、スコアアップを目指したい方のための2つのコースです。

bullet check   Mail 添削コース
bullet check   Skype 添削コース 



Writingスキルアップ対策コースについての詳細





コースについての、お問い合わせは、お申し込みについては こちらから

お問い合わせ
 


関連記事
[ 2014/05/16 10:02 ] IELTS のすべて | TB(0) | コメント(-)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
Skype レッスン
AMEカテゴリー