北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

サンタクロースとクリスマスは全く無関係 ?サンタクロース=クリススマスで、切り離す事の出来ないものと思っていたけど なぜ???

サンタクロースとクリスマスは、もともと無関係!! えっえっ
ウソでしょ!! といいたくなります でも。。



サンタ Christmas

ジングルベルが鳴り響き、
世界中で クリスマスのムードも盛り上がってきています。
 
12月24日はクリスマス・イブ 
25日はクリスマス 

これって、誰が決めたのでしょう。????




サンタクロースはクリスマスに来るものと、子供の時から信じていたのですが。。。。

ところが、サンタクロースと12月25日は全く無関係だというのです。

こんなことがあるのでしょうか???

さらに、驚くことに

Christmas tree 2014 1


クリスマスツリーとキリストの聖誕祭は
本来全く無関係


どうして?






サンタクロースと12月25日は全く無関係というのは


12月25日はキリストの生誕とされている日(バースディー)であり

サンタクロースの本来のIDは、

ギリシャ人ミラの司教であった聖(サンタ)ニコラウス(クラウス?クロース)に由来している




聖ニコラウスの祭日は12月6日であって、

ヨーロッパカトリック諸国では、

聖ニコラウスは12月6日にやってくる



米国名の クラウス( Claus )はむしろ例外的呼び名

ヨーロッパでは、ほとんどニコラウス呼び 

Saint Nicholas (英語) 

Nikolo (独、オーストリア)

St.Niklas (チロル地方)

Nicolas (仏)

Nicolaas (欄)となっているが、

スイスだけは、サミクラウス(Samichlaus)とクラウスのみの呼び名 となっている。


ヨーロッパに現れるサンタクロースは、


赤白のコカコーラの色ををつけた白髯のトナカイのそりに乗ってくるおじいさんでは無い。


きちんと司教服を着て、ミトラと呼ばれる司教帽をかぶり、
曲がった司教杖をちゃんとトントン突きながら歩いてくる



国、地方によって、異なっているが、

随行者がいて、子供を脅かしたり、戒めたりする役割を担っている。

当地(スイス、バーデン)では、これを‘シュムッツリ’(泥んこ)(汚れ者)と呼んでいる。


顔と体を墨塗りにして真っ黒にしてでてくる。

これは、まさに

なまはげと同じ、秋田のなまはげが、日本特有のことではなく、
世界各地に類似した事象として見受けられるのは、
人間が普遍的に持つ、共通点を知る上では大変興味深い。





クリスマスツリーとキリストの聖誕祭は本来全く無関係


Christmas Tree 2014


モミの木をクリスマスツリーとして飾るようになったのは、
そんなに古いことではない。


ローマ、カトリック教会では、
異教徒の風習として19世紀末までは禁止状態だった。


ドイツを中心として、一般民の間で始まったのが、
ゲーテが生きた時代18世紀になってからのことである。



ゲーテは「若きウェルテルの悩み」のなかで、

ウェルテルがはじめて見たクリスマスツリーの素晴らしさを、ロッテに伝えている。 

その木には、チョコレートではなく、生の林檎や砂糖菓子がぶら下がっていた。


実はこの林檎は、
ダヴィンチコードを書いたダン ブラウン風に言えば
エデンの園に生っている林檎なのである



‘生命の木’であり‘知恵の木’を意味している。

さらにもみの木は針葉樹で、

冬の最中に太陽が最も遠い地に位置する時期に ケルト人ならずとも、

古代宗教では、その常緑植物を掲げて、

生命の維持と太陽の回帰を願ったことは共通して見られる現象である。



これは日本で考えると、

正月の門松が似ている。

門松は年神を迎える依代と、みられているが、

平安時代に始まったとされる、新年に松を持ち帰る習慣については、

やはり冬に緑を先取りし、

生命の、太陽の復活を考えた古代、

中世から現代に至るまでの変わらぬ人の願いの現れと考えた方が、
私には分かり易い。

(Abikoの外から視たニッポン )

(To be continued)

関連記事
[ 2015/12/21 10:59 ] Abikoの視たニッポン | トラックバック(-) | コメント(-)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
Skype レッスン
AMEカテゴリー