北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

最初の一歩を踏み出す時は勇気がいったけど、今は、なにかぼんやりだけど、見えてきた気がします -- 【タクの「マイ・留学日記」 第13章】

全てが経験した事のない事の連続ですが、
落ち着きを取り戻し、気がついてみれば、
既に、2か月が過ぎました。

将に、毎日が未知との遭遇だった気がします。



タク マイ留学 13 1 何か






----------------------------

ロンドンへの語学留学を始めて6週間。

最初は、右も左もわからないような状態だったけど、

友人もできて、クラスではかなり居心地が良くなりました。

友達ばかりのクラスで、授業にも着いていけてます。

このまま、今の友達とずっと一緒にいけたらな~

と思い始めていました。



当初の予定では、6週間の基礎的なコースを終えて、

Holland Parkにあるビジネスイングリッシュ専門のコースへ変わるという

スケジュールでした。

でも

迷いが生じました。




皆さんお分かりでしょう。

この場に残ろうと考えたのです。


いろんな理由はあります。




いろいろと考えた末に、


最終的にはまた上のレベルに挑戦することを決めました。


今は、この選択は正しかったと自信を持って言えます。




確かにまたレベルの高いところでやるという試練はあります。




たまに以前の学校に戻って前の友達に会って話をすると、

レベルが上がっていることをすごく感じることが出来ますし、



実際に多くお友達から「上達したね」と言われ、うれしくなりました



taku13 1


私はビジネスコースの学校でも

最後の2週間はまたクラスをワンランク上げる予定です。



また一からの挑戦が待っています。



現時点で英語が話せる人にとっては、

何も苦しいことではなく、

何も心配することはないでしょう。





しかし、「留学というのは、話せないからするものです」。





もちろん留学の理由にも個人差はあり動機は様々でしょうが。



第一歩を踏み出すことが一番大変で勇気がいることだと思います。



留学について言えば、

知らない場所に1人で行く。

学校では友達はいない。

日本語ではなく英語を使う必要がある。

すべてが初めての連続ですね。

いいことばかりでは無さそうですよね。



しかし不安も緊張もすべては肥料になって

あなたにとって大きな経験と、

勉強になることでしょう。



概して日本人の多くは英会話を苦手としていると思います。

しかし、これからの日本も英語を話す機会が増えてくるのではないでしょうか。

是非、苦手な方ほど留学に挑戦していただきたいです。

英会話の第一歩を勇気を持って踏みしめてください。



christmas christmas 1



最近ロンドンはとても寒くなってきました。

黄葉と木枯らしがいい雰囲気の時期です。

ロンドンの中心地ではクリスマスのライトアップがされ始めてきています。


-------------------------------------------

私はこの地に来て2ヶ月が経ちます。

まだたったの2ヶ月です。

この間に日本に居ては知らなかっただろう事を知ることが出来、

多くの体験が出来、

いい友達も出来、

英語の勉強も出来ています。


何か、自分の新たな人生の始まりのきっかけが

つかめたような気のするこの頃です。

-----------------------------------------
関連記事
[ 2014/02/20 10:38 ] 留学体験談 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー