北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

【3ヶ月のロンドン生活を終えて - いろいろな経験をして今考えること  タクの「マイ・留学日記」 最終章 後編 】

 Before-Afterじゃないけど、自分の中の何かが明らかに変わったと
実感できる3ヶ月のロンドン留学でした -Taku



タク 最終章

前編で紹介してくれた、おかあさんからの励ましの手紙。

ぐっと来てしまいました。

3か月の留学もとうとう終わりに近づきました。


最後のクラスを終えて、タクは何をかんじたのでしょう。

タクの「マイ・留学日記」 最終章 後編です。







英語だけではありませんでした。



国民性というのもあったかも知れません。

日本人には他の壁のようなものもあるかも知れません。

しかし今振り返ると最高の経験が出来たと思います。

英語能力が完璧になったわけではありませんし、


ロンドンのすべてを知った訳ではありません。



しかし、すべてはスタートラインに立つことが出来たこと。



国際人になるためには英語が読めて、

理解できるだけではいけないのです。



英語を道具にコミュニケーションをとり、

友達を作り、議論しあい、また様々な文化を学ぶ。


すべてはここから始めるのではないでしょうか。そして、最大の利点は外から我が国を見ることが出来たこと。

坂本竜馬ではありませんが、

このままでは日本はいけないということを肌で実感することが出来ました。


世界中に目を向けることはとても時間が必要で、

忙しい日本人にとっては不可能なことでしょうか。


いいえ、違います。


世界を知るために日本を見ましょう。


伝統を守り、誇り、悪しきことは変えていきましょう。


様々な事はすべてつながっています。


世界中にある有名な自動車メーカーや家電。


これは日本の誇れるものの一つです。


授業が終了したとき、ふっと力が抜ける思いがしました。

一時の間、ロビーでコーヒーを飲んで、新聞を眺め、ぼーっとしていました。

感傷に浸って、「お疲れ」の一言でも自分自身に掛けてあげようかと思った矢先


そんなムードを壊すかのように、「ミュージカルに行くか? ファントム・オブ・オペラだぜ!」

と友達からの誘い。願ってもないチャンスに、感傷から観賞へスイッチ。

そうです。一つの節目、終わりは、次の始まりなのですね。

今後ロンドンには1週間近く滞在し、

旅行や私の会社のロンドン支店への訪問などした後、

日本に帰れば入社までに山積みになった試練を乗り越える必要があります。


もちろん英語の勉強は続けることも。



もう次は始まっているのだな。

ロンドンは第二の母国になりました。落ち着く場所です。



今回私は北の留学工房の方々にとてもお世話になりました。

留学前には何度も電話でやり取りをしたり、

こちらでは直接アドバイスを受けたり、

飲みに行ったり、風邪を引いたときには病院についてきてくれたり、

ご飯を作ったり??



とても感謝しています。



こんなに良くしてくれる所は他にないと思います。


今回の留学に関わったすべての方々に感謝をし、

そのご好意に報いるためにも、

今後さらに成長していこうと思います。


本当に有り難うございました。


タク







【 タクのMy留学日記 バックナンバー 】


Vol 1

Takuのロンドン留学への大決心

Vol 2

私の通った学校と仲間たちについて 想像以上にきつかった最初の2週間も
クラスメートに相談して乗り切りことができた


Vol 3

友達作りの第一歩は、自分から積極的にアプローチしよう
   みんな話しかけられるのを待っている!!


Vol 4

無料で入れる博物館・美術館が当たり前なんて、日本じゃありえない!!
イギリス料理って、まずいって聞いたけど、ホームステイの料理はイケてま


Vol 5

頑張りすぎたのか体調を崩し寝込んでしまった。
留学生保険で、日本語の通じる病院で無料でしてもらい一息です


Vol 6

風邪で高熱を出し倒れてしまった。
ホストマザーの優しいお世話で快方に向かい、
日本の母を思いだし、ちょっぴりホームシックになってしまった


Vol 7

親友とも言える友達ができ楽しく、充実した毎日だけど、
親友との別れはツライです  泣いてしまいました!!


Vol 8

学生の強い味方 学割 (ISIC Card)
地下鉄、バス、 映画館、旅行、雑誌、アプリ、これほどなんでも使えるとは。
留学生にとっては、絶対の Mustアイテムです


Vol 9

初めはついていくだけでも大変だった授業、
前半の6週間を終えてやっと一息。 あっという間に過ぎた気がします。
友だちもでき環境にも慣れて、いよいよ残りの6週間、頑張るぞ~~


Vol 10

前半の6週間を終えて、後半の6週間へ突入するタク
友達もたくさんでき、周りを見るゆとりもでてきました


Vol 11

えええっ!! イメージが違う。 日本で聞いていた事、知ってた事と全然違うじゃない。やはり実際に見て見ないとわからないね - 

Vol 12

何が、こんなに違うんだ? もっと出来ると、ちょっと自信があったんだけど、こんなはずじゃなかったのに。

Vol 13

最初の一歩を踏み出す時は勇気がいったけど、今は、なにかぼんやりだけど、見えてきた気がします 

Vol 14 最終章 前編

 母からの手紙  -  苦しくて投げ出したくなった時、僕を勇気づけてくれた母の手紙 タクのMy留学日記 最終章 1 



関連記事
[ 2014/04/17 09:00 ] 留学体験談 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー