北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

私には会わないイギリスの下着と水 - サイズは大人でなく、子供でもないのだ。悩むサイズなのです。

下着と水だけは、どうも。。。。。
- イギリス留学をエンジョイする百合子さんの独り言


百合子 下着サイズ ブラ
ホームステイ・ファミリーと本当の家族のように

お付き合いし、マイ・パラダイス ホームともiいい

充実したイギリス語学留学生活を送っています。

そんな彼女の悩みの種といえば。。。

それは、イギリスの下着と水です。






ここ、LONDONで、あわないモノといえば、

私には「水と下着」。


水は、

硬質なのでお肌は乾燥するし、
髪の毛はバシバシになってしまう。


日本に帰って、髪の毛を洗うと、
しっとりすべすべして、自分の髪に思わず、

ウットリしてしまうほど・・

お茶だって、ご飯だって、
日本の水でのほうが断然美味しい。


MAYFAIRにある、
LONDONで一番高いといわれている和食レストランは、

なんと水を

日本から輸入しているんだとか・・

まさか、個人でそんな事できるはずもないし。

でも、紅茶はこの硬水の方が美味しい。よくできているなー。


さて、イギリスの下着の場合。

全くサイズがあわないのです


それは、貴方の胸のサイズが小さいからよって、
声が聞こえてきそうですが、

実はそうではないのです。


こちらの人が、太すぎるのです。


実際、イギリスの女の人はぽっちゃりしています。

だから、
アンダーバストのサイズが太すぎて私のサイズは、
なかなかありません。


じゃあ、子供用というと、今度は胸のカップが小さすぎる。

少し、自慢げ!!!



だから、かわいいなーと思っても、サイズがない。

「ラペルラ(La Perla)」という、有名な下着があります。

イタリア語で、真珠と言う意味のこの下着、お値段が高いことも

ありますが、 それはそれは美しく、綺麗。


ドラマの「Sex And The City」でも、

主人公達が着ていて有名にもなりました。


ごたぶんにもれず、私も一つぐらい欲しいなーと、
何度かお店に足を運んだ事があります。

ここはさすがに、合うサイズはあります。

もちろん、お直しも出来ます。

でも、日本の下着のように、胸を寄せてはくれないのです。


日本って、企業努力がすごい。

こんなところにも現れているのです。

日本人の胸にあったものを、開発し続けてるんですねー。


こちらの人達は、胸を寄せようなんて、はなから思っていないらしい。

で、花のように可憐で繊細なそのラペルラの下着を着けたものの、

なんか間が抜けて、変で似合わないのです。


あーあ!

ヨーロッパでは、カップルで下着専門店に入る姿を良く見かけます。


彼が、彼女にプレゼントするのに、一緒に選ぶのですね。

うらやましい限り!!


Tバックも、こちらでは当たり前
LONDONにいる、日本人の女の子で、


旅行者かそうでないかは、私はおしりを見たら解ります。


ガードルをはいているおしりは、変なしわが寄っているし、

あと下着の線がパンツの上から、見えている人も多い。

これは80%旅行者です。


こちらの人は、ほとんどTバックなので、おしりのラインの下着の線が見えません。

そのかわり、ローライズのパンツの上から、Tバックがよく見えています。


でもこちらで、それはどうなのーと思ってしまうケースもあります。


夏場、白い麻のパンツやスカートに、黒いTバックが透けているのです。

タンクトップに、ブラの紐は見せ放題。

モラルというか、少し感覚が違うのは確かです。



そんな、こんなで、私は日本に帰ると、日本メーカーの下着を買いだめします。


そして、少し寄せて上がった自分の胸に、満足するのです。


嬉しいような!? かなしいような?!





関連記事
[ 2015/02/01 15:04 ] ロンドン生活日記 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー