北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

私の見たロンドン交通事情  --- ロンドンの交通事情も、みなエチケットを守るような人ばかりと 思うと大間違いのようです。 百合子さんの見たロンドン交通事情

私のみたロンドン交通事情 -- 百合子さんの友人の場合

atenige
     ロンドンの交通事情も、みなエチケットを守るような人ばかりと
思うと大間違いのようです。
百合子さんの見たロンドン交通事情



じつは、私の周りでも被害にあった人が何人もいます。
当て逃げされた人、車上狙いにあった人、車そのものを盗まれそうになった人、
そして盗まれてしまった人など

自動車犯罪の被害に遭われた方の例を交えてお話いたします。




例えば、

 Tさんの例・・・Tさんは自分の車をカムデン・エリアの路上に停めた
           ところ、30分の間に左後ろのかどを当て逃げされ、
           10万円ぐらいの修理代を払うことになった。


 Kさんの例・・・Kさんはウォータールー・エリアで助手席側のドアを壊され、
           トランクの荷物を盗まれた。


 Nさんの例・・・Nさんはゴールダーズグリーン・エリアでドアに小さい穴
           をあけられ、車が盗まれそうになっていた。


 Hさんの例・・・Hさんはハマースミス・エリアで車に乗って停車していた
           ところ、黒人二人が乗り込んできて、力ずくで車を
           奪われた。

           おまけに、彼らに引きずりおろされた際に路面に叩きつけ
           られ、腕の骨を折ってしまった。

           警察に届出はしたが、もちろん車は返ってきていない。



・・・というように、


ロンドンは本当に車に関する犯罪が多い都市なのですよ。


私自身も“車ほしいよぉ“と思いつつも、手が出せない理由が、じつはそこにもあるのです。



ただ、ロンドンは、アメリカ(特にカリフォルニア州)のように、車がなくては生活ができない

都市というわけではありません。


night bus


バスも地下鉄も頻繁に走っているので、公共の交通機関だけで充分なのです。

それに、Night busといって24時間、真夜中になってもバスが走っているので

とても便利なんですよね。



車って、あれば便利だけど、


無くてもロンドンでは充分楽しめますよ!!



関連記事
[ 2013/10/15 10:14 ] ロンドン生活日記 | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー