北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

Afternoon Tea

afternoon tea  scone


関田家のロンドン生活レポート

Full breakfast のつぎと言えば Afternoon Tea





ロンドン市内のリッツやクラリッジと言った高級ホテルでは、伝統的な”Afternoon tea"が、確かに落ち着いた優雅な雰囲気の中、まるで中世の貴族になったような気分で満喫できます。

ところで、

Afternoon Teaの習慣は、いつから始まったのでしょうか?その由来は??

私にとって一番の思い出は、湖水地方、ウインダミアーにある「ピーター・ラビット」で有名なビアトリクス・ポターが晩年住んだ自宅(ヒル・トップ)の何軒か隣にある田舎風の可愛いレストランで味わった Afternoon tea が最高でした。


自家製で、形や大きさもいろいろのスコーンでしたが、その素朴な味に、これも自家製のストロベリージャムとクロテッドクリームをたっぷり塗って食べた食感が格別で、今でも忘れられません。


大きなポットに入った香りの良いTeaに、ミルクをどの程度混ぜたら最適かとか試しつつ、ゆったりとした気分で、羊のいる田園風景にピッタリ溶け込みつつ。。。。



windermere sheep


ところで、”Afternoon tea"の由来についてです。


この習慣は、1800年代初期に、7代目ベッドフォード公爵夫人アンナ(1788?1861)によって始められたそうです。

まず当時お茶は、中国から長く危険な航海を経てイングランドまで運ばれる大変貴重なもので、富裕層と貴族階級だけがこの希少な贅沢を味わうことができたそうです。


又、当時は、伝統的に、食事は1日に2回だけで、朝ごはんにビールとパンと牛肉を取った後は、夜の8時くらいにディナーのごちそうを取るまで何もありませんでした。



食事の間隔がこんなに長いと、夕暮れ時になると公爵夫人も気が滅入り、ディナーの前に何か食べ物が欲しいと感じ、新たな食事とそして飲み物として、当時一番おしゃれな飲み物であったお茶を選んだそうです。


侯爵夫人は、ウオバーン・アビー(Woburn Abbey)の彼女の部屋に、5時にアフタヌーンティーに友人を招待するようになりました。

メニューは、小さなケーキ、パンとバターのサンドイッチ、お菓子の盛り合わせ、そしてもちろんお茶、からなっていました。メニューにお茶が含まれていたことで、彼女の招待は熱烈に受け入れられました。




woburn  woburn 1 



彼女は、ウオバーンではBlue Drawing Room と呼ばれる部屋で、ロンドンではベルグレイヴ・スクエアーの自宅、あるいはヴィクトリア女王に女官として仕えていた時はその宮殿で、友人をもてなしました。

やがて、他の交際家たちがこのアイデアを採り入れて、友人たちを独自のアフタヌーンティーに招待するようになったそうです。

こうして、1840年頃には、この”Afternoon tea"の習慣が確立していったとのことです。


(Source: TEA MUSEUM The story of Afternoon tea





関連記事
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー