北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

Afternoon Tea in London   関田家のロンドン駐在日記

Afternoon Tea in London 

関田家のロンドン駐在日記


savoy hotel  savoy1 afternoon tea


イギリスといえば、Afternoon Tea。以前、Afternoon Teaの由来について教えてくれました。

Afternoon Tea Vol 1

↓ ↓  ↓

http://withjetstream.blog66.fc2.com/blog-entry-634.html


現実には、ゆっくりとAfternonn Teaを頂くことは殆どありません。忙しい現代では殆どそんな風景を見ることができるのは、ホテルの中くらいでしょう。

されど、そのホテルでの高級感あふれるAfternonn Teaを、満喫した関田家。その様子を報告してくれました。




たかがアフタヌーンティー、されどアフタヌーンティー


異文化体験の一つに、ロンドンの高級ホテルでのアフタヌーンティーがあります。

やはり、クラリッジホテルとかサボイホテルに入って、りっぱなアンティークの調度品に囲まれ、落ち着いた雰囲気の中、やけに丁重な態度のウエイターの方々に、

”Yes, Sir"とか”Yes, Madam"(家内に対してですが)

とか言われてのアフタヌーンティーは、突然貴族になったような気分がして、これは日本ではなかなか味わえないものです。



ただし、最初の頃は、ウエイター様などにジーと背後から見つめられると、結構緊張してしまいました。

アフタヌーンティーセットが整然と目の前に出されると、一瞬何をどうしていいものやら見当がつかずあたふたと取り乱し狼狽の色が隠せません


(全て自分を投げ出して、ウエイター様にお任せするか、お聞きすれば問題はすぐに解決するのですが。。。??)。



そのような時のために、ここでは、落ち着いてアフタヌーンティーを楽しむためのノウハウです。
(以下は、主に「英国喫茶サロン メイフェア」からの引用です。)




scone


アフタヌーンティーは英国貴族が生んだ習慣であり、またそれを日常生活に浸透させた英国人の気質も相まって、「アフタヌーンティーの作法ー手順」が確立されているそうです。


ただし、食事は楽しむことが基本です。格調高い高級ホテルでのアフタヌーンティーであっても、マナーについてそれほど口うるさく言われることはありません。アフタヌーンティーという優雅なひとときをゆったりと楽しむことが最良です。



以下、アフタヌーンティーを召し上がる際の手順と味わい方を説明しますが、あくまでも基本に過ぎないとお考えください。


1.アフタヌーンティーの3要素


アフタヌーンティーのケーキスタンドは、主に3つの要素で構成されています。


サンドイッチ、スコーン、ペストリー(ケーキ)です。


召し上がる順序も、基本は「サンドイッチ、スコーン、ペストリー」の順です。あくまでも基本ですから、スコーンから先に食べても、つい甘いものに手が伸びても、それはそれで結構でしょう。

では、3要素について順に説明していきます。



2.アフタヌーンティーのサンドイッチ


アフタヌーンティーにいただくサンドイッチは、昔は「キュウリサンドイッチ」が定番でした。

農園を持ち、農作業をする者たちを雇い、収穫したばかりの新鮮なキュウリをパンに挟んでアフタヌーンティーに食べるなんて、よほどの余裕がなければできない贅沢でした。つまり、昔はキュウリサンドイッチが貴族のステイタスだったわけです。

現在のアフタヌーンティーは、そんな些細なところにこだわりません。キュウリにステイタスを見いだす人もいませんからね。新鮮な季節の野菜や、健康的な食材を使って、おいしくて贅沢なサンドイッチがケーキスタンドに載せられます。

もちろん、アフタヌーンティーの歴史を知り、昔をしのんで穫れたてのキュウリを挟んだサンドイッチを載せてみるのも素敵でしょう。



3.アフタヌーンティーのスコーン


さて、アフタヌーンティーといえば、やはりスコーンを真っ先に思い出す人も多いことでしょう。

日本人にとっては好き嫌いが分かれるようですが、いかにも英国らしい食べ物といえます。
スコーンは、「小麦粉を練って焼いただけ」に近い、シンプルで家庭的なお菓子です。


アフタヌーンティーでスコーンを楽しむのに、切っても切れない存在が、クロテッドクリーム。
簡単にいうと生クリームとバターの中間のようなもので、温かいスコーンにたっぷりと塗って食べると、それはもう格別です。

スコーンが嫌いな人は「スコーンのパサパサ感がイヤ」と言いますが、ちゃんとクロテッドクリームをどっさりのせて食べれば、パサパサ感なんてこれっぽっちもありません。

さらにイチゴやブルーベリーなど、ベリー類のジャムを塗れば、すばらしいごちそうに早変わりです。

スコーンは、そのままの状態では未完成だと思ってください。クロテッドクリームとジャムで完成させるのです。未完成なままかじりついて、「パサパサ感がイヤ」なんて嫌ったら、スコーンが気の毒ですよ。



4.アフタヌーンティーのペストリー(ケーキ)


アフタヌーンティーの最後を飾るのは、甘いケーキ類です。

フルーツのタルトやパウンドケーキなどのケーキは、本当に紅茶によく合います。

できれば、グラニュー糖や上白糖のような精製糖を使っていない、体に優しいスイーツが良いですね。

以上のようなことを参考に、アフタヌーンティー、是非楽しんでください。






関連記事
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー