北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

TEFL EFL, ESL, TEFL, TESL, TESOL, ELT??

Teacher's Training Course

今回は、英語教授法に絡んで、ちょっと分かりにくいというか、困惑するような省略語がたくさん出てきますが聞いてみました。





TEFL は Teaching English as a Foreign Language の略。公式に特別なに重要な意味があるわけではない

ELT  English Language Teaching (or English Language Training でどちらでも良い)
EFL  English as a Foreign Language
ESL  English as a Second Language
ESOL  English for Speakers of Other Languages
EAL  English as an Additional Language
TEFL  Teaching English as a Foreign Language
TESL Teaching English as a Second Language
TEAL Teaching English as an Additional Language
TESOL Teaching English to Speakers of Other Languages


理論的には、

EFLは、英語を話さない環境(典型的には、英語を母国語としない国において、日本など)で英語を母国語としない学習者に教える際の英語。

ESLは、英語を母国語として話す環境で、(語学研修として、イギリスやアメリカ、オーストラリアなど、母国語として英語を話す環境)で、英語を母国語としない学習者に教える際の英語

上記の2つの環境での英語の教え方、習得については、理論的な相違はあるが、テクノロジーやコミュニケーション方法の発達で、一層、アカデミックな色彩が色濃くなってきているとのことです。

実際のところ、現場では、この2つの差はほとんど見えないほどです。概して言われるのは、例えば、英国の教師は、EFL、アメリカ人教師は、ESLと表現するようです。

EALは、政治的な正確さにポイントを置いていると考えられます。「Foreign]という言葉を避けて、英語が第3、第4言語 ときに題言語して、学ぶ学習者に配慮したものといえるそうです。







関連記事
[ 2013/02/01 19:06 ] Teacher's Training Course | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー