北の留学工房

Academy of Modern English 英語学習と留学のためのコツをお知らせします

CELTA     英語教師資格の最初の関門

University of Cambridge ESOL Exam の提供する英語教授資格のうち

cambridge ESOL


CELTA (Certificate in English Language Teaching to Adults)

について、Cambridge ESOL Exam Japan よりご紹介します。

1.CELTA とは?

2.TEFL、TESOLとの関係は?

3.CELTA 受験資格

4.試験内容

5.受験資格

6.良くある Q&A

7.その他




(Source: Cambridge ESOL Japan)


Cambridge ESOL Exam Japan によると、

(以下引用)




Certificate in English Language Teaching to Adults (CELTA)

英語以外の言語を母語とする人々に英語を教える仕事はたいへんやりがいのある職業であり、海外で就職するチャンスをつかむ足掛かりとなるでしょう。


その可能性を高めてくれるのが国際的に認められている資格です

CELTAは英語教師の資格として世界中で高く評価されている認定書であり、英語を教えるスキルを身につけ、国内外で英語を教えたい方にとって価値のあるものです。



CELTAとは何か?



CELTAは、教師としての経験がほとんど、あるいはまったくない人を対象とする最初の資格です


この資格を手に入れることによって、教師を職業とする世界が開けるでしょう



CELTAの認定機関は世界的に知名度の高いケンブリッジ大学(University of Cambridge)の一部門であるケンブリッジESOLです。


その質の高さと世界的な認知度は保証されています。


年間、10,000人以上の人がCELTAのコースを修了しています。



TEFL、TESOLとの関係は?


'TEFL'、'TESOL'という表現が英語教師の資格として使われることがあります。

CELTAは、この意味でのTEFL、TESOLの初期段階の資格として現在もっとも普及している資格で、以前はCTEFLA、'RSA certificate'として知られていました。


CELTAの対象者は?


イギリスにおける成人・コミュニティー教育分野で働きたい人が対象です。

CELTAはケンブリッジESOLのDTE(E)LLS および ADTE(E)LLSのプログラムで第一段階の資格です。


DTE(E)LLS およびADTE(E)LLSの資格は、成人・コミュニティー教育の領域の就職希望者を対象とする教員養成の、政府が定める条件を満たしています。




CELTAの試験内容は?


CELTAはフルタイム(通常4から5週間)での履修とパートタイム(数カ月から1年以上)の履修が可能です。



コース内容は次のとおりです。


•効果的な指導・教授の原理

•成人学習者に英語を教える実際的な技術・技能

•教育実習




学習内容は5つの主要ユニットからなります。


•学習者、教師、学習/教育環境

•言語分析と言語知識

•言語のスキル:リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング

•さまざまな状況に対応する授業計画と資料

•指導技術と職業意識の開発




コース中に授業内評価がなされ,最終試験はありません。



ケンブリッジESOLが任用する外部評価担当者が、それぞれのコースの監督にあたります



評価は次の2つの分野でなされます。



1.教育実習


2つのレベルのクラスを合計6時間教えます。

6時間の最後の段階で、総合的なパーフォーマンスが評価されます。


2.筆記課題


筆記の課題が次の4つの題材から出されます 


成人の学習に関するもの、

英語の言語体系に関するもの、

言語スキルに関するもの、

授業での指導に関するもの。





認定資格を受けるには、これら両分野ともに合格しなければなりません。


評価には、Pass、Pass ‘B’、Pass ‘A’の3種類
があります。



CELTAを認める人たちは?


CELTA は英語教師を雇用する世界中の団体・組織によって認められている資格です。


資格教育課程総務局(Qualifications and Curriculum Authority (QCA))は、

この資格を英国国家資格指標のレベル5と認定
しています。

ケンブリッジESOLはCELTAが世界中で受け入れられるように各国のELT組織に働きかけています。



受講するための条件はありますか?


理想的な受講者は次のような条件を満たしています。

•高等教育機関への入学資格に準ずる教育を受けていること

•20歳以上であること

•一定レベルの教育を行うための英語が使えること

ここに挙げた正式な資格がなくても、コースに合格する可能性を証明することができれば、センターが受講を認める場合があります。

センターによっては、独自の判断で、18歳から20歳の人を受講生として受け入れているところがあります。


CELTAのコースはケンブリッジESOLが指定する規格にもとづいて個々のセンターが実施しています。

毎年54カ国にある286以上の公認センターで、900近いコースが開かれています。




参考資料リンク


CELTA syllabus, PDF (PDF 78Kb) へのリンク

http://www.cambridgeesol.org/assets/pdf/celta8_251103.pdf


Teaching Awards FAQs CELTA trainee へのリンク

http://www.cambridgeesol.org/exams/exams-info/faqs/celta-trainees.html


CELTA trainer FAQs へのリンク

http://www.cambridgeesol.org/exams/exams-info/faqs/celta-trainers.html


CELTA centre FAQs

http://www.cambridgeesol.org/exams/exams-info/faqs/celta-centres.html


Cambridge ESOL Japan へのリンク

http://www.cambridgeesol.org/japan/exams/celta/index.php


University of Cambridge ESOL Examination (English page)

http://www.cambridgeesol.org/









関連記事
[ 2013/01/21 21:44 ] Teacher's Training Course | TB(0) | CM(0)
ハーバード大学の図書館に貼ってあると噂の20箇条 No 19
【 まさに今この瞬間でも、相手は読書をして力をつけているのだ  】 
Even at this very moment your competitors keep reading.
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Skype レッスン
AMEカテゴリー